佐賀大和温泉ホテル、アマンディのプールに行きました!クチコミ

2019年8月平日、2018年8月平日

■ 個人的見解

  1. プールは幼児から小学生向き(大人向けではない)
  2. 温泉が利用できるので付き添いの大人はいいかも
  3. むかし佐賀健康ランドだった所で、ホテルとしてのグレードは高くない
  4. 施設は老朽化が見られる
  5. ホテルレストランはそれなりの料理内容(値段もそれなり)
  6. プールサイドに鍵ロッカーがない

2019年の料金はプール料金+入館料で大人1350円、小学生750円である。プールのみの利用はできないが、入館料を払っているので温泉や無料休憩室を利用できるほか、お食事処、コミックコーナーや卓球台(要追加料金)などを利用できる。だからプールに入った後、温泉に入るという利用になるだろう。また幼児でも水泳用オムツ着用ならオムツの外れていない子どもでも利用できるそうだ。

2019年のアマンディのチラシによると6月1日(土)~7月15日(月)は土日祝のみ10~19時、7月20日(土)~8月31日(土)は毎日営業で月〜土曜日10~19時、日曜日10~18時、9月1日(日)~9月23日(月)は土日祝のみ10~17時となっている。

プール受付を済ませるとロッカーの鍵とプール利用証明のイベント用使い捨てリストバンドを渡される。温泉のロッカーに行って水着に着替え(必要ならば浮き輪等持って)プール利用証明リストバンドを付けて100 mほど館内をプールに移動する(タオルを持って行ったほうがよい)。軽食コーナーの前に無料の電動空気入れポンプがある。シャワーの蛇口をひねっても水しか出なかったが、しばらくシャワーを出しっぱなしにすれば温水が出るのかも知れない。プールそばには鍵がかかるロッカー等は無いようなので貴重品は温泉脱衣所ロッカーに入れて鍵をかけるか(温泉フロント前には貴重品ロッカーもある)プールで泳がない家族に預けるしかない。泳がなくてもプールサイドに行くにはプール料金が必要なようだ。プールは基本的に室内プールで空調が効いているので真夏でも汗ダラダラということにはならない。日焼けしたくない人にはいいかも知れない。小さめの流水プールは屋外にある。プールで遊んだあと館内を移動して温泉脱衣所に戻ると肌寒く感じたので、プールに数カ所ある温水ジャグジーで温まってから脱衣所に戻ったほうが良さそうだ(すばやく温泉に飛び込んでもよいが・・・)

室内プールもそんな大きくない上に、人数が多いととても泳ぐことはできない。せいぜい水遊び程度だ。室内プールには仕切りがしてあって幼児でも水遊びができるスペースもある。直径3mほどの温水ジャグジーがあるのでちょっとした温泉気分を味わう事ができる。40mのウォータースライダーが1つ、子ども向けの流水滑り台(5m、20mくらい)がある。競泳用水着は強度が弱くウォータースライダーを滑ると破れることがあるので注意しよう。中・高校生らしき利用者もいるが、プールの規模からして基本的に楽しめるのは小学生くらいまでだろう。

プールサイドには鍵のかからない荷物棚、シャワー、トイレ、見学者用のイスと机がある。施設はそれなりに老朽化している感じがするし、昔営業していたであろうレストランは営業していない(ホテルのレストランは利用できる)。プールの脇に軽食を売っているコーナーがあるが、平日は数品しか売っていないようだ。(唐揚げ等が売られていた)ジュースの自販機もおいてある。かつてプール玄関だった場所は喫煙コーナーとして使われていた。

プールには監視員が5~6名ほどいる。ウォータースライダーには誘導員がいたが、誘導員が居ないときはそばのランプ(赤と緑)を見て間隔を開けて滑る。注意書きには浮き輪の使用は禁止と書かれているが、みんな浮き輪で滑っていたし誘導員も注意はしないようだ。

「佐賀 アマンディ プール」でGoogle画像検索

佐賀大和温泉ホテルアマンディのプール
アマンディのプール(2014年)
佐賀大和温泉ホテルアマンディのプール
アマンディのプール(2014年)